旅と弁当と買い物

旅に出るために毎日弁当を作っているのに、ついお買い物などをしてしまったりする日々の話

【2017シンガポールの旅】SIMカードをゲットせよ

海外にひとりで行くとモバイル端末さんがリアルに命綱になります。

道を教えてくれたり、行きたい場所の情報をくれたり、通貨の変換をしたり、時にはフライト情報を教えてくれたりetc・・・・・。

だけど国際ローミングなんてしたらパケット代がヤバイし、そもそも私が普段使っているいわゆる格安SIMはそんなことできない!・・・というわけで、iPhoneSIMフリー化して以来、海外では現地で使えるSIMカードを調達するようにしてます。

海外でモバイル端末をネットに繋げる主な方法

日本でwifiルータをレンタルする

まあ一番安心できる手段はこれです。

日本で海外で使えるwifiルータをレンタルして行くのが一番楽だと思います。現地で電源入れれば使えるので、英語とか話さなくていいしね。

ただマイナーなヨーロッパ周遊8日とかやると軽く1万円超えるので高いのが悩み。。

ハワイとかは安いですけど・・・。

現地でSIMカードを調達

昔、キャリアのiPhoneを使っていた時代は私もwifiルータをレンタルしてたんです。

でも前述の通りやっぱりちょっと高すぎじゃね?と思ったので、思い切ってiPhoneさんをSIMフリー化しました。

ソフトバンクの場合、機種変から半年すれば無料でできます(マイソフトバンクからの場合。店頭の場合は3000円かかります)。

以来、海外では現地SIMを使ってます。ちなみに今年のGWにフィンランドで調達した時は7ユーロで一週間データ無制限とかいうSIMカードを使ってました。や、安すぎないか?(でもホテルのwifiより通信速度速かった・・・)

チャンギ国際空港SIMカードをゲット

というわけで、今回も到着と同時にまずはSIMカードをゲットします(だいたい空港に売ってます)。

今回ゲットしたのはこちらのSIM。

シンガポールテレコム(singtel)のトラベルSIMカードです。

今回行きはSQだったので到着がターミナル3だったのですが、両替所(Travelex)で売ってました。出発の際ターミナル2でもTravelexは見かけたので多分全ターミナルで問題なく買えると思います。両替ついでに購入するのがいいと思います(現金オンリーなので注意!)。

プランは2通り。

プラン 15ドル 30ドル
期間 7日間 10日間
データ量 100GB 100GB
国際通話 30分 90分
現地通話 500分 無制限
備考 Facebook、LINEなど特定サービスは無制限に利用可 Facebook、LINEなど特定サービスは無制限に利用可
singtelのWifiも使用可

50ドルもあるみたいですが、近隣諸国からのデータローミング量が増える感じなので、日本人的には上記のどちらかから選べばOKだし、短期滞在なら15ドル一択だと思います。

travelexのカウンターで「Can I have SIM for 7days?」とでも言えば出してくれるでしょう。

SIMカードは英語でも普通に「シムカード」で通じました

 

っていうか、ついこの間まで15ドルは5日間だったらしいんですが、今回7日になってました。まだまだUpdateしているようです。さすが観光大国・・・!

SIMカードのセットアップは簡単で、普通にカードを入れ替えればおしまいです。

フィンランドで入れ替えた時はなぜかAppleIDの認証を求められてパスワードがわからず泣きそうになったりしたなあ。。。あれなんだったんだろ?wifiに繋がってないと入れ替えできないってことだよね?

注意

現地でSIMを調達する時に一番注意しなければならないことはSIMカードスロットを開けるピンを持参することだと思います。

スロットを開けられないとカードをGetしても終わりです(苦笑。

私は毎度ピアスのポストで開けてますけどね(一番開けやすいんですよね・・・太さがちょうどいい)。

まとめ

通信速度も全く問題ないし、つながらないところもないし、コスパもよし。というわけで、SIMカードおすすめです。

お使いのモバイル端末がSIMフリー化できるならば是非ともお試しくださいませ。 

 

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村